深谷市立岡部小学校 
 
369-0203 埼玉県深谷市普済寺1305
TEL: 048(585)2023
FAX: 048(585)6606
 

訪問者数

757398回です。
 (アクセス数 2015.8~)

埼玉県ネットトラブル注意報!

埼玉県ネットトラブル注意報!

 県では「ネット問題対策推進事業」の一環として、「埼玉県ネットトラブル注意報」を配信しています。これは、県内の児童生徒に関するネットトラブルの未然防止のため、サイト監視業者が監視活動等から得た喫緊の課題とその対策等をまとめたものです。


絵文字:重要絵文字:NEW絵文字:重要
【第5号】 不適切な投稿について.pdf
【第4号】 スマートフォンにもウイルス対策を.pdf

【第3号】 個人情報の投稿に注意しましょう.pdf

【第2号】 パスワードの設定について.pdf
【第1号】 インターネットの代表的な3つの特性.pdf
 

お知らせ

〇新型コロナウイルス感染症に伴う教育長メッセージについて(9月1日掲載)

02_保護者宛て教育長メッセージ文.pdf

〇緊急事態宣言下における2学期当初の対応について(8月25日掲載)

0825_【保護者あて】緊急事態宣言下における2学期当初の対応について(通知).pdf

〇新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージについて(8月18日掲載)

01 【鑑】新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージについて.pdf
02 保護者宛て市長メッセージ文.pdf

〇夏季休業中の新型コロナウイルス感染症に係る保護者へのお願い(8月5日掲載)
 8月2日に、本県に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいた緊急事態宣言が発令されましたが、依然、感染が広がっている状況です。

つきましては、本市における園児、児童、生徒の感染拡大の防止のため、あらためて下記について、ご留意いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

 1.規則正しい生活習慣の徹底

2.発熱等の風邪症状がみられる場合や、家庭内に体調不良者がいる場合は登校を見合わせること(健康観察・健康観察カードの提出)

3. 基本的な感染防止対策を徹底すること(3密の回避、石けんと流水による手洗い、マスクの着用、適切な換気・保湿)

4. 不要不急の外出を避け、可能な限り速やかに帰宅すること。外出する場合でも、人数や時間を最小限にすること

5. 子供のみの会食等の自粛

 

 感染症陽性が判明した場合のお願い
 学校(園)では、プライバシーや個人情報の保護に十分に努めてまいります。この点についてご家庭におかれましてもご配慮いただきますようお願いします。特に、インターネット等を利用しての不要な詮索やSNS等に情報を投稿するなどの行為は厳に慎んでいただきますようお願いします。
 また、新型コロナウイルスには、誰もが感染する可能性があり、感染した人が悪いということではありません。感染した人が悪いという雰囲気ができ、感染したことを言いだしにくくなると、感染拡大の危険性が高まるかもしれません。感染した人を責めるのではなく、励まし、温かく迎えるようお願いしたします。
新型コロナウイルス感染症に係るお願い.pdf
岡部小のみなさんへ.pdf

令和3年8月21日(土)に予定していた奉仕作業は、8月2日~8月31日まで緊急事態宣言が発令されたことに伴い、中止とさせていただきます。
(8月3日掲載)
 

岡部小 校歌

お知らせ

岡部小学校通学路安全MAP
通学路安全MAP.pdf
 

校長あいさつ

校長あいさつ >> 記事詳細

2021/01/07

12月全校朝会(放送)の話

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin

『令和2年度 12月1日 全校朝会』

 

 全校のみなさん おはようございます。

12月10日を最終日としてその前1週間を人権週間とすると世界的にはなっていて、岡部小でも12月1日~7日までを後期人権週間として取組を行っていきます。

今日は、新型コロナウイルス感染を例に『人権』ということについてお話をしてみたいと思います。

 

 今年の夏、島根県の高校のサッカー部員が集団でコロナウイルスに感染したということがあり話題になりました。全校の4分の1がサッカー部員であり、ほとんどの生徒が寮生活を送っていました。その後、100件を超える苦情の声が高校に寄せられたということです。新聞報道によると、『日本から出ていけ』とか『学校をつぶせ』などという難しい言葉でいうと誹謗中傷といいますが、そんなひどい声も多くあったということです。みなさんももうよくわかっていると思いますが、だれでも感染する可能性はあるし、感染した人が悪いということは決していえません。感染した人が悪いという雰囲気ができると、感染したことが言い出しにくくなり、かえって感染拡大の危険性が高まるかもしれません。感染した人を責めるのではなく、励まし、治ったら温かく迎えることが大切です。

 

確かでなく、ほかの人から聞いた話をそのまま信じて、周りに流してしまうようなことがあると、その噂を流された人権を侵してしまうことになります。人は、大人でも、子どもでも、みんな等しく、幸せに生活する権利をもっています。そして、だれも、それをじゃますることはできません。

 

 例えば、学校でだれかと言い争いになり、けんかしてしまったとしても、相手がきにいらないからといって、もう学校にくるなということはできません。相手の行動を自分が勝手に決めることはできないからです。

 では、どうすればよいでしょう。相手も含めて、自分も含めて、みんなで、楽しく過ごせるような学級や学校にしていくことです。そのためには、話し合うことしかありありません。大切なことなので、もう一度、繰り返していいます。『話し合う』ことしかありません。

その際に、自分だけ我慢しないで、相手を怒らせずうまく自分の意見を伝えられるような力を身につけられるとよいですね。大人でも、先生方でも難しいかもしれません。でも、あきらめずチャレンジしてもらいたいと思います。今月も、寒さに負けず、元気に過ごしましょう。

 

 

 これで、校長先生からのお話は終わりです。

                                   令和2年12月1日  強瀬 哲朗


09:15