深谷市立岡部小学校 
 
369-0203 埼玉県深谷市普済寺1305
TEL: 048(585)2023
FAX: 048(585)6606
 

校長あいさつ

校長あいさつ
12345
2020/09/15

9月の全校朝会

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin

『令和2年度 9月15日 全校朝会』

 

 全校のみなさん おはようございます。朝夕は、少しずつ秋の気配を感じられるようになりましたね。

 

 今日は、天才子役といわれた『芦田愛菜』さんの話をしたいと思います。

芦田愛菜さんは、現在16歳になり、高等学校に通いながら、芸能活動を続けています。テレビをつけると映っていない日がないほど、ドラマやテレビCM、バラエティーなどに出演しています。5歳のときテレビドラマで人気をはくし、それ以来常にメディアに登場し続けています。

 

 人気の秘密の一つに大人顔負けの堂々とした言動があるのではないでしょうか。先日の映画の制作発表においても、主人公として、映画のテーマとなる『信じる』ということについての考えを話し、話題となっていました。

 芦田さんのそうしたしっかりとした言動の根本を支えるものとして、多くの方が、幼少期からの読書量をあげています。自分の考えを、正確に表現し伝えるためには豊富な語彙力が必要です。その、語彙を増やしたのが、豊富な読書経験なのです。

 

 本屋さんにいくと『まなの本棚』という単行本が平積みでつまれていました。読書の魅力を2つ紹介しています。一つは、読む人が自由に考える余地があって、自分の想像力で物語に出てくる色も形も好きに決めてプロデュースできること。そして、二つ目が自分とは違う誰かの人生や心の中を知ること、自分ひとりの人生では経験できないことや考えもつかないような発想が本の中につまっていていろいろな発見ができること といっています。読みたい本を見つけるのは、宝物を発見するのと同じともいっています。

 

9月14日から10月9日まで、岡部小では、『コスモス読書月間』として取組をスタートしました。みなさんも、ぜひ、一人一人の本棚を自分のお家につくってみてはどうでしょうか。また、もうある人は、どんな本棚となっているでしょうか。改めて、並べなおしてみながら、自分のお気に入りの本をみつけてみてはいかがでしょうか。

 

 『伝記10冊チャレンジ』も昨年度は5名の皆さんが達成し、校長室へ報告にきてくれました。小さな賞状ですがお渡しし、写真を校長室の廊下に掲示してあります。今年、新たに3年生の人が、達成し報告にきてくれました。まだまだ継続をしますので、こちらにも挑戦してみてください。例年より長い2学期です。小さな目標をたくさん立てて、少しずつ達成する中で、2学期の生活を充実させていきましょう。

 

 これで、校長先生からのお話は終わりです。

                          令和2年9月15日  強瀬 哲朗


09:39
2020/08/18

2学期始業式の話

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin

2学期始業式の話

 今日から、2学期が始まります。

みなさんの元気な声を校長先生とここにいる先生方に聞かせてほしいと思います。みなさんで元気にあいさつしましょう。「おはようございます。」

 元気な声が返ってきました。例年よりは短い夏休みでしたが、みなさん元気にしているかな。病気になっていないかな、もしかして怪我でもしていないかなと校長先生はとても心配でした。でも、今日こうして、みなさんの元気な声を聞き、ともてうれしく思います。

 1学期の終業式には小島先生、小林先生と約束した「交通事故に遭わないこと。自転車に乗るときのヘルメット着用を忘れずに。また、道路への飛び出しは絶対にしない。自分の命は自分で守ること。そして、また、元気な姿で2学期に会いましょう。」ということを、全員が守れたこと、大変うれしく思います。

 校長先生が2学期の最初に話すことは、「ピンチをチャンスに」ということについてです。

 みなさんは、『ニュートン』という人を知っていますか。今から300年以上前のイギリス出身の科学者です。ニュートンは、数学や物理学、天文学を専門とし、最も大きな功績としては、万有引力を発見したことで有名です。

万有引力とは、全てのものには、重さがあり、地球上では、その中心に向けて引っ張られる力がはたらくということです。ニュートンがこの万有引力の発見をしたのが、ちょうど、そのころヨーロッパでペストという、伝染する病が大流行していて、大学から故郷にもどっていたときだといわれています。人々に感染し、亡くなる人がたくさんいるとても大変な時に、世紀の大発見をしたのです。

ニュートンは木になっているりんごの実が落ちるのを見て、この万有引力を発見したといわれていますが、どうやら、人々に説明するための例え話であったようです。

いづれにしても、現在、新型コロナウイルスの感染予防対策が行われている状況で何かと大変ですが、このピンチをなんとか今お話ししたニュートンのように世紀の大発見ができるように、みなさんで気持ちを強く持って、乗り切っていきたいと考えています。このピンチをチャンスにかえて、暑さに負けず、今できることを着実に実践していきましょう。 

 いよいよ2学期です。「元気と笑顔 みんな大好き 岡部小」を引き続き合い言葉として、「ピンチをチャンスに」これをキーワードに充実した2学期としましょう。

 

 これで、校長先生からのお話は終わりです。

                          令和2年8月18日   強瀬 哲朗


10:42
2020/07/31

終業式の話

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin
 終業式の話

 

  おはようございます。みなさんは、「松尾芭蕉」という人を知っていますか。今日は、この松尾芭蕉という人のお話をしたいと思います。

 

  今から400年も前、1644年に伊賀の国(現在の三重県)に生まれた芭蕉は、37歳で江戸の深川に転居してきます。俳句を作った人で51歳でなくなるまで非常にたくさんの作品を残しています。

 

 3年生の国語の教科書にも、紹介されています。

「名月や 池をめぐりて 夜もすがら」

(中秋の名月の光が池の水に映ってあまりに美しいので、一晩中池の周りをまわってながめていました。)という意味でしょうか。

ここで、俳句について少し説明します。

 

 俳句とは、5・7・5の17音で作られていて、季節を表す言葉(季語)が含まれています。日本人は昔からこの俳句に親しんできました。松尾芭蕉はこの俳句を作っている人の中で最も有名な人物なのです。芭蕉の代表作として、最も有名なのが「おくのほそ道」です。

 

 これは、芭蕉が46歳のとき、弟子と2人で、江戸の深川を出発して、東北、北陸をまわり、滋賀の大垣まで約2400キロメートルを150日かけて旅をします。この旅で50もの句をつくり、「おくの細道」としてまとめました。いくつか有名なものを紹介します。

 

「夏草や 兵どもが 夢の跡」

(今や夏草が生い茂るばかりだが、ここはかつて武士たちが栄誉を求めて戦った跡地である。昔のことはひと時の夢となってしまったなあ。)

 

「五月雨の 降り残してや 光堂」

(何もかもくさらせてしまう五月雨も、この光堂だけは降らなかったのだろうか、金色に光輝いているよ。)

 

「閑けさや 岩にしみいる 蝉の声」

(なんて静かなんだろう 石にしみいるように蝉がないている)

 

 

 芭蕉は、このおくの細道の冒頭に「月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり」と人間の一生を旅になぞらえています。

これから夏休みです。例年よりは短いですが、大切に過ごしてください。旅行やレジャーにはあまり出かけられないかもしれませんが、家の近くでいろいろな体験ができるとよいですね。

 

「日焼けして どっちがかげか わからない」

 

8月18日には、また元気に登校してきてください。まっています。

以上で校長先生のお話をおわりにします。

 

校内放送による  校長  強瀬 哲朗


09:07
2020/07/08

7月の全校朝会の話(放送による)

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin
7月の全校朝会の話(放送による)

 
おはようございます。今日は、「掃除について」話をしたいと思います。

 

  この前あるおともだちから「校長先生 なんで掃除をするの?」という質問をされました。校長先生は、「一生懸命やってきれいになると気持ちいいよね」とこたえました。みなさんは、どう思いますか。なぜ掃除をすると思いますか。掃除してきれいになって「気持ちいいな」と感じたことがある人もたくさんいると思います。また、あんまりやりたくないのに、やらされて・・・と思っているひともいるかもしれませんが。掃除をすることでたくさんのよいことがあるからです。

 

それでは、掃除をするとどんなよいことがあるでしょう。

まず、一つ目、さきほどからでていますが、教室や廊下がきれいになると気持ちがよくなります。

そして、二つ目、一生懸命体を動かして働くと、がんばったなと満足感をえられます。

三つ目、自分がやったことが周りのみんなのためになり、役に立ったなと感じることもできます。

さらに、みんなで協力する喜びや一緒にやることで集団への所属しているという仲間意識も強く感じることができます。

たくさんのよいことがありますね。低学年の皆さんは、自分の机やロッカーなど身の回りの整理整頓からはじめてみてもよいかもしれません。

 

校長先生が先日、廊下のよごれを落とそうと雑巾でこすっていたら、

「校長先生 手伝います。」といっていっしょにやってくれた6年生が何人もいました。「さすが、6年生だな」と感心しました。先生方からいわれなくても、自分たちで進んで行動ができています。こんな立派な6年生がいる岡部小学校はやっぱりすごいなと思いました。低学年や中学年のみなさんのとてもよいお手本となってくれています。

 

学校は、みなさんの頭と心と体を育てるところです。掃除はみなさんの心を育てるにはとってもよいものだと校長先生は考えています。4年生以上は無言清掃を行っています。汚れているところを自分で探し、進んで掃除する。掃除をすることは、自分の心を磨いていることだと思います。

 

自分の心を磨いた人は、きっと大人になって社会にでても、世の中の規則をやぶったり、みんなが使う場所にスプレー缶で落書きをしてしまったりすることはないでしょう。また、自動車を運転していて、あおり運転をしてしまう人にはならないと思います。いままで、やらされていて、進んで掃除をやっていなかった人は、これからは、自分から進んでやってみてください。そうすれば、自分の心もピカピカに磨くことができるでしょう。

 

1学期終了まであと1か月です。梅雨でじめじめしていて、いらいらしてお友達とけんかとかしないで、また、登下校中の熱中症などにも気を付けて落ち着いて、安全に生活をしましょう。以上で校長先生のお話をおわりにします。

 

令和2年7月7日(火)校内放送による  校長  強瀬 哲朗


08:47
2020/06/12

6月の全校朝会(放送による)

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin
6月の全校朝会(放送による)
分散登校のため、9日と10日に2回実施


  おはようございます。今月から学校が再開され、分散ではありますが登校が始まりました。みなさんは、もう、学校の生活になれましたか。15日からは、通常の登校が始まります。まだまだ、調子が戻らない人もいると思いますので、今日は、早く生活のリズムを取り戻すために、お話をしたいと思います。

 

まず、1年生のみなさんは初めてかもしれませんが、2年生以上の人は昨年度も取り組んでもらいました『深谷の子 6つの誓い』というものがあります。深谷市が6月6日を『深谷の子 6つの誓いの日』としていることから、岡部小でも、『6つの誓い週間』として今週の土曜日13日から来週の金曜日19日までを取り組んでいこうと考えています。

 

  深谷市では、郷土の偉人『渋沢栄一翁』の精神に学ぶとして、立志と忠恕の深谷教育に以前から取り組んでいるところです。その中心となる取組のひとつが『深谷の子6つの誓い』です。ここで説明します。

 

 立志にかかわるものとして

  私は、夢に向かって努力します。

  私は、毎日勉強します。

  私は、たくさん挑戦、体験します。

 

 忠恕にかかわるものとして

  私は、進んであいさつします。

  私は、ぬいだくつをそろえます。

  私は、心のこもったことばをつかいます。

 

 以上の6つとなります。

 

 次にどんなことを行っていくかについてです。

 

 まず、6月の校長室の暗唱をこれにします。そして、14日の意志の日には、家庭でも家族に向かって暗唱をしてみてください。さらに、『渋沢栄一翁 こころざし読本』をお家の方といっしょに読んだり、チェックシートをやってみたりしてください。ぜひ、この機会に、6つの誓いの内容をしっかりと覚え、実践してもらってできるだけ早くいつもの生活のリズムを取り戻してください。

 

 6月は雨の日も多くなると思いますが、天気の良い日は、とても蒸し暑くなることも予想されます。

こまめに水分補給をして、ほかの人との距離が2メートル以上ある広い場所では、マスクをとって、熱中症にならないようにしましょう。そして、今までと同様に手洗い、うがいもしっかりと行っていくようにしましょう。

 

 以上で、校長先生のお話を終わりにします。

 

    

令和2年6月9・10日 校長  強瀬 哲朗


09:40
2020/04/15

年度はじめのことば

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin

年度はじめのことば

 校庭の桜が満開となり、皆さんを出迎えてくれています。

 改めて、みなさん、進級おめでとうございます。

 

 さて、今日は、新しい気持ちで、この1年間を頑張っていこうと期待に胸を膨らませていることと思います。

 一つ学年が上がって、学級の友だちも変わって、不安や心配していることもあるかと思います。でも、それはみんな同じです。

 

 今日の新しい出会い、先生との出会い、友だちとの出会いを大切に、一日一日を大切に過ごしていきましょう。

 

 新しい学年の初めにあたり、岡部小学校がもっといい学校になるために、そして、岡部小学校のみんながもっといい子になるために、

今年度は「元気と笑顔 みんな大好き 岡部小」を合い言葉にしたいと考えています。元気と笑顔は昨年度までと同様です。

 

 ここで言う、『元気』とは、自分も元気を出して、周りのお友だちも元気にしてあげてほしいと思います。心配なことがあったり、不安なことがあっても、先生方や友達から助けてもらえます。お互いに助け合えるように、もし、元気がない友達がいたら、どんどん声を掛けて元気にしてあげてほしいと思います。

 

 次に、『笑顔』とは、岡部小学校にいると、ニコニコの楽しいことがたくさんあるよ。ということです。自分の得意なことや好きなことをおもいっきりやる。そして、先生方や友達から褒めてもらえる。反対に、苦手なことやあまりやりたくないことでも、みんなで協力すれば、すこしずつできるようになる。すこしずつ楽しくなると思います。

 

 次に、『みんな大好き』としました。児童のみなさんだけでなく、おうちの方々や、地域のみなさんなどこの岡部小学校に関わる先生方も含めたすべての人が、もっともっと岡部小学校のことを大好きになってもらいたいという願いをもって、みんな大好きとしました。

 

新年度を迎え、「よし、頑張るぞ」という気持ちを大切に、みなさんや先生方、家族や地域の方といっしょに、みんなで頑張っていきましょう。以上で年度はじめの話を終わりにします。

 

   令和2年4月8日  

         深谷市立岡部小学校  校長  強瀬 哲朗

 


15:35
2020/04/15

入学式のことば

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin

入学式のことば

 「さくらの庭に友ときて」本校の校歌の歌い出しです。まさに、さくら満開のこの良き日に、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、このような形ではありますが、入学式を挙行できますこと心から嬉しく思います。

 

 55名の新入生のみなさん、岡部小学校ご入学おめでとうございます。岡部小学校職員一同、皆さんの入学を心待ちにしておりました。重ねて、保護者の皆様、本日はお子様のご入学、誠におめでとうございます。心よりお喜び申し上げます。

 

  さて、新入生の皆さん、岡部小学校はとてもいい学校です。これから

校長先生と一緒に一生懸命がんばっていきましょう。

 そこで、岡部小学校のいい子になるために、お願いが三つあります。

 よく聞いてください。

 

一つめは、「お友だちと仲良くしましょう。」

二つめは、「元気にあいさつをしましょう。」

三つめは、「話をしっかり聞きましょう。」

もう一度言います。        

一つ、「お友だちと仲良くしましょう。」

二つ、「元気にあいさつをしましょう。」

三つ、「話をしっかり聞きましょう。」

 これを守れる子は、きっといい子になります。そして、全員が守れたら岡部小学校がもっともっといい学校になると思います。頑張りましょう。

  

 保護者の皆様に申し上げます。

 本日より、大切なお子様を岡部小学校の児童としてお預かりいたします。本校職員一同、一丸となり、安心・安全に配慮し、子どもたちの健やかな成長のために、全力で取り組んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 家庭の教えで芽が出て、学校の教えで花が咲き、地域の教えで実がなると申します。

 家庭と学校、地域が子どものために協力し合って育てていき、そして、子どもが太い幹となって花を咲かせ実を結ぶまで、一体となって育んでいきたいと思います。

 

 結びに、ご来賓の皆さまにご臨席はかないませんでしたが改めて日頃から本校をご支援いただいておりますことに感謝を申し上げますとともに、今後とも、子どもたちのために温かいお力添えを賜りますこと、重ねてお願い申し上げ、入学式のことばとさせていただきます。  

  

令和2年4月8日  

             深谷市立岡部小学校 校長 強瀬 哲朗


15:34
2020/03/26

1年間修了のことば

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin

1年間修了のことば

 おはようございます。

 今日は、とうとう1年間の終わりの日になりました。このあと担任の先生からみなさん一人一人に「修了証」を渡していただけると思います。

みなさんが、それぞれの学年で、学習を身につけたこと、運動を一生懸命やり体を鍛えたこと、毎日休まずに学校に来ることができたことなど、見事に修了できたという証(あかし)の修了書です。

 ですからみなさんは、4月から1つ学年が上がることができます。

  

 今日は,『一期一会』ということばを紹介したいと思います。低学年のみなさんは、一期一会ってなんかおいしそうなことばかなと想像してしまうかもしれませんが、4文字の漢字です。あとでしらべてみてください。

 意味は、簡単にいうと出会いを大切にということでしょうか。

なぜこのことばを紹介したいかというと、

 

先日行われた6年生の卒業式で、祝電といってお祝いの言葉をたくさんいただきました。改めて今の6年生が1年生から5年生までにかかわったたくさんの先生方からもいただき、たくさんの先生にお世話になったのだなあと感じたからです。1年間に登校する日は200日をこえます。今年は、新型コロナウイルスの対策で20日くらい少ないですが。現在のクラスで過ごすのは、担任の先生や同じクラスの友達、今の教室で今日が最後となります。

 自分を成長させてもらえた先生や友達、教室に感謝の気持ちをもち、それを行動に表してもらえたら、校長先生はうれしいです。

今日は、『一期一会』ということばを紹介しました。 

  最後に,春休み中,事故などにけっして遭わないようにしてください。先生のお話をよく聞いて,自分の命は自分で守ってください。そして,4月8日の始業式には,元気に登校してください。

  これでお話を終わります。


08:40
2020/02/04

2月の全校朝会

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin

令和元年度 2月全校朝会

 

 みなさん おはようございます。

 今日2月4日は、『立春』です。1年を24に分けた『二十四節気』のうちの一つで、暦の上では、今日から春です。しかし、実際には、今年は暖冬といわれていますが、まだまだ寒さがつづきます。インフルエンザ等にならないように、また、新型肺炎のニュース等もきいて知っている人も多いと思います。

 

まずは、手洗い、うがいをこまめにして、睡眠を十分にとる、マスクをするなど、の対策が大切だといわれています。

また、中国の人たちや偏見や差別のような人権侵害もないようにしていくことが大切だといわれています。岡部小学校のみなさんは、大丈夫だと思いますが、この点についてもぜひ気を付けてもらいたいと思います。前置きが長くなりましたが、今日は、『幸せ』について考えてもらいたいと思っています。

 

 みなさんが幸せを感じるときってどんなときですか。また、将来、幸せになりたい。と思ったときどんな生活が幸せだと思いますか。お金がたくさんあって裕福な暮らしをすることが幸せでしょうか。社会的に地位や名誉がある仕事をしていることが幸せでしょうか。家族や友達がたくさんいて、みんなと仲良く暮らすことが幸せでしょうか。

 

 他人のくらしや生活がうらやましく思うものが世の中では多いですよね。でも、実際、お金がたくさんあると周りから思われていたり、地位や名誉のある仕事をしていたりする人が、幸せを感じているとはかぎりません。

 

 校長先生が考えるに、幸せって自分が感じるものだと思うのです。どんなにお金がなくても、地位や名誉がなくても、自分が自分に満足していれば、幸せだと感じるし、幸せになれると思います。

 

 栃木県の書道家 相田みつをさんのことばに『幸せはいつも、自分のこころが決める』というものがあります。

 

自分自身のこころのもちようで幸せになれるのです。自分で満足することが幸せへの近道ではないでしょうか。

 

他人をうらやむより、まず、今自分ができることを真剣に取り組みましょう。そして、出た結果を受け入れ、満足することです。

 

 今年度もあと2か月、健康に注意して、学校生活のまとめをしていきましょう。

 

 

 今日のお話は以上です。

 

                                        令和2年2月4日(火)


11:41
2020/01/08

3学期始業式の話

Tweet ThisSend to Facebook | by:adomin

令和元年度 第3学期 始業式あいさつ

 

皆さん おはようございます。

また、明けましておめでとうございます。

元号がかわり、令和2年がスタートしました。

 

みなさん、冬休みはどうでしたか。

どうしても、年末とお正月には、寝る時間が遅くなり、生活のペースが、くずれてしまっていたかと思います。今日から、また、早寝、早起き、そして、しっかり朝ご飯を食べて登校してください。

 

2学期の終業式は、インフルエンザの対応として放送で校長先生の話をしました。全校のみなさんが元気にまた、登校できたことをうれしく思います。

 

さて、今日の校長先生からの話は、みなさんが住んでいる深谷市のことについてです。なぜ、深谷市は郷土の偉人「渋沢栄一翁」の心を受け継ぐ教育に力をいれているのか。渋沢栄一翁とはどんな人物だったのかということについて、改めてお話をしてみたいと思います。

 

1つめ。栄一翁はいつごろ活躍をした人物なのか。2つ目。どんなことをした人物なのか。3つめ。なぜ深谷市では、栄一翁のこころを受け継ごうとしているのか。この3点について、話します。

 

まず、1つ目、ですが、栄一翁は、いまから180年まえ、西暦でいうと1840年に血洗島、今の八基小学校の近くで生まれました。時代でいうと江戸時代です。4年生以上の人は、栄一記念館にいったり、社会科で学習をしたりしたかと思います。江戸時代のおわりから明治、大正のころに活躍をしました。世の中が、武士の時代からちょうど、明治維新があり、外国から文化など最も影響を受け、時代が大きく変わったころです。

 

2つ目、豊かな農家の子として生まれた栄一翁は、論語を学びます。さらに、忙しい父親のかわりに家の手伝いもしました。当時の岡部藩の陣屋に出向いたこともあるといいます。岡部小のすぐ近くの17号国道、普済寺交差点を北に進むと菅原神社がありますが、そのあたりが陣屋あとです。27歳のとき、江戸幕府の代表の一人として、パリで行われた万国博覧会に勉強にいきました。時代が変わり、明治政府の一員として当時の大蔵省でも仕事をします。その後、大蔵省をやめてから、約500近くの会社を立ち上げます。代表的なものとして、第一国立銀行(今のみずほ銀行)、日本製鉄、東京ガス、帝国ホテル、東京証券取引所、秩父セメント、キリンビール、サッポロビール、一ツ橋大学、東京経済大学など企業や大学をつくることに携わりました。「近代日本経済の父」とよばれました。その後、障害をもった人や、身寄りのないひとのための施設長を58年間務めたり、アメリカとの交流で、青い目の人形をもらったりしました。

 

3つめ、栄一翁のどんなこころを受け継ごうとしているのか、渋沢栄一翁のことばに、「夢七訓」があります。夢をもつこと、そして、実現に向けて努力することの大切さ、そして、利益を独り占めにしないで、世のため、人のためにという広いこころを大切にしました。このような栄一翁の生き方を、深谷市の児童生徒のみなさんにも育てたいということなのです。

栄一翁は東京に住まいをもちましたが、故郷である血洗島には機会あるごとに訪れ、『煮ほうとう』を好んで召し上がったことから、現在も命日である11月11日近くの給食で、この『煮ほうとう』がだされているのです。 

みなさんにも栄一翁のように、夢をもってもらいたいと思います。自分の夢について考えることには大きな価値があると思います。

新年にあたってみなさんには是非夢を見つけて努力をしてもらいたいと思います。

校長先生としての今年の夢は、岡部小のみなさんと岡部小の先生方全員が、お互いを尊重し、誇りを持ち、自慢できる学校にして、将来、みなさんの幸せにつながる力を育てていきたい、ということです。

 

3学期には、学力向上のための『岡部小チャレンジ』を今年もやります。

 では、3学期も頑張りましょう。校長先生からの話は以上です。

 

                                   令和2年1月8日


13:18
12345